シナリオライターのFiction Diary 2 | 松慎一郎

脚本家・ライター:松慎一郎のBlog。 『誤字脱字・破綻上等&気が向いた時に書き飛ばし』でGo。

カテゴリ:Story Making > Cinema

聴きたくなった時にすぐにアクセス出来るように公開しておく。

ガーリーって言うか、なんか女の子的な感じで良いよね。

いかにもリンチが好きそうな音色。

俺が脚本上で女の子が初めて彼を部屋に招くシーンを作るとしたら、

レコードに落とされる針のアップ。

そしてこの曲から部屋の中って流れにするかも。

まぁ、シーンは文脈から作られるべきものであって、曲のイメージから作るものじゃないけどね。



同じ女の子でもChromaticsは違う。

これも、いかにもリンチが好きな音色だ。

『マルホランド・ドライブ』のこのシーンも同様。

音楽と映像のマッチングが抜群でとにかく印象に残る。

シーンの入りが俯瞰からっていうのが効いたのかな。

壁の向こう、子供用プールとそこに浮かぶおもちゃのヨット。
主人公はこれ以前に大きな変化を体験している。

その嵐のような経験を経てのコントラストが見事だね。
成長、ではなく、もう戻らない日常という感覚かな。

映画本編のこのタイミングでそれを挟むか、という感じ。


あとはやっぱりコレですが。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『グリーンブック』
、俺的には微妙でした。

おみくじで末吉引いたみたいな感じです。

良いところは挙げればきりがないほどいっぱいあるし、技術的にも凄いと思うんだけどね。(いや、撮影・編集も海外ドラマ11/23/63の方が上か)

小物で言えば石と拳銃、そしてカネの関係。最初の手紙と最後の手紙。

あとはブリキの太鼓、勇気について、そして椅子と座席の対比。

これらはなるほどなーという感じ。

だけど、それだけだね。

あるのはギミックだけだ。
 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

主人公、熊、主人公を追うネイティブ・アメリカン。
三者ともに行動原理の背景にあるのは家族。
同一の主題がフーガのように紡がれてゆく。
主人公が冒頭で熊に襲撃されるのは、それを観客に示すため。
「復讐は無意味なのか?」という問い、復讐の是非を中盤に登場するキャラクターが、
「復讐は創造主の手に委ねる」
と主人公に話す。
生活の全てを復讐に捧げることの無意味が、その理由だ。
「創造主の手に委ねる」は、具体的に物語終盤に提示される。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ある種の人にとって世界はあまりに過酷なので、
生きていく上でかけがえの無い存在/対象や、執着する美が必要になる。

大抵の物語にはそれがきちんと含まれている。

オタカラというものがそれに当たり、映画の場合は映像表現だから

きちんとそれが画面に映るもの、眼に見えるものとして提示されている。


その生きていくのに必要なものが失われると、物語が始まる。

脚本で言うプロットポイントに当たり、それを取り戻す事を外的目的という。

物語とは、成長であり冒険だ。

その必要なものにいつまでも依存していると、主人公は成長をしない。

つまり、物語が不要になって日常がそこにあるという事になる。


日常は退屈な反復だが、成長は常に痛みを伴う。

生き別れ、死に別れ、失われて、その対価として主人公は成長してゆく。

しかし、そこで収支のバランスがきちんととれていないと、
出費が収入を上回ってしまうと、

主人公は不幸になる。

失うばかりで得るものがなければ、主人公は物語という旅の途中で野垂れ死ぬ。

フィクションではなく、現実の世界もまた同じかな。

ただ、現実の世界は旅に出なくても何もしなければ日々、色々なものを失っていくので、

物語よりも厳しいかもしれない。


物語の王道は「努力をしたので彼は成長しました」となるのだが、現実には成長には常に喪失の痛みが伴う。

俺はその痛みを書き落としてはいけない、と思っている。


大人の物語では、世界はいつも苦しみに満ちている。

逆説的だが、それは子供の眼差しだ。

成長の為の冒険が物語なので必然、未熟な大人が主人公になるからだろう。


成長とは新しいかけがえのないものを発見する事だろうか?

それとも必要としないでも生きていける力を得る事なのだろうか?

自立とは、自分自身を頼りにするという事だから後者なのかな。

生活を豊かにする為ではなく、逃げ込む為の美や快楽は趣味的。

趣味的なものは現実を越える力を持たない。

趣味的な美は、暮らしを豊かにしているようで、現実にはしていない。

暮らしの豊かさは、日々、成長しているか否か、で決定される、

と俺は思っている。

そして、

「世の中はあまりに息苦しいので、これ無しでは生きてはゆけないという掛け替えのないものが常に必要で、それを探し続けて発見し、自分のものにする」

というのは、実は自分自身を頼りにする事よりも難しい。

多分、自立する事よりも難しい。


■今日、気になった記事

菊地成孔と行く『日本近代音楽の150年』展
動物が自ら命を絶った9の事案とその自殺理由

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

louReed

























世界中の小説を読んでいるわけではないので、あまり迂闊な事は言えないけど、小説は映画と比較するとあまり変化していない印象。

この先もあまり劇的な変化って起こらない気がするな。

 翻って10年後の映画は、今まで映画と呼ばれていたものとかなり変わっているんじゃないか、と思っています。

3Dとか色んな試みがことごとく失敗しているけど、失敗は試行錯誤の過程に過ぎないし、失敗している限り、新しい何かが生まれてくる可能性の芽は常に確保されている、と。(つまり、チャレンジしているという事なのですが)


 文学と映画について比較して考えてみる。一番始めに思い浮かぶのは変化のスピード。

映画ってテクノロジーの変化を受けやすいし、テクノロジーは予算と密接に関わっていて、過去に数千万単位の予算が必要な編集が自宅のMacで今は可能だったりする。
個人作業で映画が完結してしまう事のメリットはあちこちで語られているのであえてデメリットを挙げてみると、やはり映画が趣味的なもの、になってしまうという事かな。

こうやって映画の質は、テクノロジーによって変化する。

文学はまぁ、良くも悪くも映画程にはテクノロジーの進化に影響されない。

変わらないだけに、結果として普遍性が問われるので、それが文学の価値かもしれないけど。


 もう一つ、何故、10年後の映画について、「今とは全く違うものが映画と呼ばれているのではないか?」と考えているかと言えば、スピルバーグのインタビューが印象に残っているからです。


スピルバーグは

「今、自分が二十代の若者で映画を作りたいと思っていたらゴールを劇場だけに絞ったりしない。劇場とせいぜいTVしかなかった昔と違って、今はそれこそYouTubeやスマートフォンや映像を必要とするチャネルが多数存在する。それだけ映像作品を提供する場は増えた、という事だ。だから出来るだけ色んな場所でそれぞれのフォーマットを利用して作りたいと考えるだろう」

みたいな事をインタビューで答えていました。


正直、自分も劇場映画に拘りたい感じもあるんだけど、そういうこだわりって「映画」という器に頬擦りしているだけで、実際に作品に何も込められていない気がするんですよね、あくまで俺個人の考えですが。

予算も今まで以上に限られてくると、作品もニッチな客層を狙わなくてはならなくなるでしょう。

イメージとしては映画関係者は皆、インディーズバンドでライブハウス巡りをして喰い繋ぐ、みたいな感じ。

予算がない中で確実な収益を見込んだり、もしくは自腹なのでと趣味的に走りすぎて映画マニア以外、誰も映画を観なくなるかもしれない。

たまにはマニアックさ故に受けたりしてね。

同性愛者で泥棒だったジュネが自身の体験を綴った泥棒日記が全世界の人に読まれるようになった理由もそれだったかもしれないし。(作品評価は別だ)


あ、ここで言っている映画っていうのは、あくまで今日・現在まで映画と呼ばれているものだよ。

十年後、映画と呼ばれているものはアトラクションみたいなものだったり、ゲームみたいなものだったり、とどうなっているか、誰にもわからないんだから。

覚えておいて、今、映画と呼ばれているものと十年後に映画と呼ばれるモノは違っている気がするって話だからね。


■今日の出来事

今朝、ルー・リードが亡くなりました。だから今朝は彼のアルバムを聴きながらこのBlogを書きました。

俺にとって彼はSTAXのR&Bを愛したミュージシャンであり、小説『コイン・ロッカー・ベイビーズ』(村上龍)で知って、17の頃に単身、ドイツに渡った飛行機の中で聴いたアーティスト、です。

Twitterでは彼の楽曲のYouTubeへのリンクが多く貼られています。

よく誤解されるのですが、俺はロック好きじゃないです。音楽好きの『ロック好き』嫌いです。なんか、ロックを語っているおっさんって骨董好きな老人みたいで嫌なんだよね。クラプトンオヤジとか高校生の頃から嫌だった。

まぁ、そんな自分があまりTwitterでは見られなかった楽曲を以下に貼っておきましょう。

俺にとってちょっとした思い出の曲、彼の訃報に触れるまでそんな思い出を忘れていた曲です。

この曲はとっても可愛いよ。

ロック好きは嫌いだけどロックに限らず、大抵の音楽は素晴らしいと思います。

実際、音楽が嫌いって人、あまりいないでしょ?


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ